ピークコンサルティンググループ北陸

Peak Consulting Group Hokuriku

ピークコンサルティンググループ北陸

知ってしまえば単純で、使ってしまえば簡単な
システム導入によるお仕事の劇的カイゼン!

まずはお問い合わせを!

ITカイゼンとは?

使いにくいシステムを仕方なく使い続けていませんか?

なんとなく…で使い続けているシステムを、
業務に合わせて最適化することで大幅な工数削減が可能に!
それにより生まれたリソースで新たな業務を行うなど、
無駄を省くことでよりコストパフォーマンスのよい業務を行えます。

従来の開発型システムの導入

システムに合わせてデータ入力していく

メリット

システム導入することで
他の優れた仕組みに変容できる

デメリット

現状の業務をカバーしきれない
部分が出てくる

システム変更に融通が効かない

システムに合わせた
業務変更に時間がかかる

導入が高コスト

こんな業務には
従来の開発型システムの導入

大量に一括してデータを処理する業務

リアルタイムに情報を共有して
処理する業務

処理内容が保証され、
容易に変更されたくない業務

複雑な解析や高度な操作性が
要求される業務

ITカイゼン型

現状のデータにシステムを合わせる

メリット

現状の業務を強くできる!

システム変更に融通が効く

短期間でシステム導入が可能
なため、結果的に低コスト

デメリット

業務体制や運用そのものの
大幅な変革にはつながりにくい

こんな業務には
ITカイゼン型をお勧めします

データがゴチャゴチャあって
とにかく忙しい業務

データの作り手と使い手の
立場が異なる業務

仕事の仕方があらかじめ
決まっていない業務

従来型のIT化とITカイゼンは補充関係にあります

既にシステム運用をしている会社はITカイゼンにて不足している機能の補足を!
これからシステム導入を始める会社はまずはITカイゼンにてデータ化、システム化を!

こんな風にカイゼンされました!

データ入力、在庫管理、出荷管理の業務時間が1/4まで削減!一部業務のテレワークが可能になりました

ITカイゼン内容

得意先特化型の生産管理システムの導入

業種

印刷加工業

従業員数

20名規模

すべての業務をExcelと手書き帳票にて作成し印刷。入力の手間、チェックの手間、修正の手間、に日々時間を取られていた。
また、複雑な資材の必要量計算と在庫の引当を手集計していたため担当者が不在の場合には納期回答が遅れていた。

コンテキサーを用いて生産管理システムを構築しデータの一元管理に移行。
受注データを元にした所要量計算を自動化し、必要在庫の引当をシステム化。
kintoneを用いて社内システムの生産予定や出荷情報をスマートフォンやタブレットで一覧表示が可能になった。

生産管理・

出荷管理担当

M様

普段はExcelしか扱っていなかったので、システムの導入には不安が多く、導入の打合せも最初は大変戸惑いましたが、打合せ後に短期間でプロトタイプ画面ができあがってきますので、大変理解しやすく、すぐにテスト稼働してを確認できたことが安心感につながりました。
Excelと違い、同じデータを2重3重で登録する手間が省けたことが時間短縮につながり、また転記のミスが無くなったことが大変助かっています。
コンテキサーをkintoneと連携させることで、スマートフォンやタブレットを用いて簡単に生産や出荷情報が共有できるようになり、連絡や確認作業が大変スムーズになったと感じます。
また、システム上の作業については自宅からのテレワークが可能になったため、子供の急病などで出勤ができない場合にも、業務を止める時間を最小限にできるようになったメリットも大きいです。

※コンテキサーの詳細は開発元の株式会社アプストウェブのサイトを
 参照してください。導入事例も掲載されております

株式会社アプストウェブ

※kintone(キントーン)の詳細は開発元のサイボウズ株式会社のサイトを
 参照してください。

サイボウズ株式会社

従来の業務時間が1/5まで削減!部材の発注漏れを「見える化」しました

ITカイゼン内容

部品所要量計算システムの導入

業種

板金溶接加工業

従業員数

100名規模

部材の必要量計算と在庫の引当をExcelと手書き帳票にて管理していたため作業が属人化し担当者が忙しい場合には作業が後回しになっていた。
その結果、発注漏れが発生し在庫不足、納期遅延につながっていた。
更にそれを防止するため部材が過剰在庫の傾向になっていた。

コンテキサーにて部品所要量計算システムを構築。
製品マスタをデータ化しEDIからCSVデータにて受注をコンテキサーに取り込むことで、Excel入力、手書き入力を廃止し、日付展開計算を自動化し現場で直接確認できるように改善。

営業担当 H様

システム導入前はすべてExcelで手入力計算作業を定期的にやっていましたが、入力ミスや確認漏れもあり、発注漏れや過剰在庫に気付くタイミングがどうしても遅れていました。
コンテキサーでシステム化してからは自分で計算作業をする必要が無くなったため、単純ミスが無くなりました。発注漏れがあった場合や在庫が過剰になりそうな場合にも事前に見える化できるようになったため、納期遅延につながるようなミスが減少したと思います。

従来のExcel管理業務時間が1/2に削減!属人化していた個別業務の共通化、見える化が進み業務ミスの発見が早期にできるようになった

ITカイゼン内容

販売管理、在庫管理システムの入替

業種

繊維加工業

従業員数

15名

マイクロソフトAccessで自社構築した販売管理システムを使用していたが、ウィンドウズ10では正常動作できない事が判明したため、新規入替を検討していた。
在庫管理はExcelにて手入力管理していた。

コンテキサーにて販売管理システムと在庫管理システムを構築。
Excelで管理していた個別業務もシステム化しデータの一元管理に移行。
外出先からもデータの参照ができる
ため、経営者や営業担当者様にExcelで個別に毎月作成していた資料が廃止できた。

営業担当 A様

旧システムではカバーしきれていない業務が多かったため、どうしてもExcelでの入力確認作業が増えてしまい、作業が完全に属人化していました。システム化することで作業の標準化とデータと一元管理ができるよう取り組みました。
打合せ後に短期間で直接動かせるプロトタイプ画面ができあがってくるので、改善のアイデアや問題点の把握もしやすく、安心感をもって導入作業ができたと思います。
コンテキサーにてシステム化をするために、今まで未整備だったマスタデータの作成やメンテナンスも進み、製造担当者との連絡確認が大変スムーズになり、問題があればすぐに気が付けるようになったことが大変助かっています。

料金プラン

料金プランはすべて月額定額制となっております

料金プラン1
月額5万円~
こちらのプランでは実際にシステムの構築まではできません。
「ご相談&アドバイス料」としてご理解ください。
「ITシステム導入に取り組みたいが、どこから初めて良いのか分からない」というお客様はまずはこちらからのスタートをお勧めです。

料金プラン1の導入フロー例

現状課題のヒアリング

お困りごとの改善案の
検討とご提案

先ずはExcelやスプレッド
シート等の汎用ツールで
カイゼンできる内容を
検討していきましょう!

料金プラン2
月額20万円~
月に2回程度の定例打合せを実施しプロトタイプを導入検証していくスタイルを基本とした料金です。
構築したいシステムが具体的にご判断できているお客様にお勧めです。

料金プラン2の導入フロー例

現状課題のヒアリング

お困りごとの改善案の検討

システムの
プロトタイプを作成

テスト稼働

プロトタイプの修正点や
課題のご確認

システムの修正作業

④~⑥を現場運用に問題が
無くなるまで繰り返します

料金プラン3
月額40万円~
導入期間中はシステムベンダーとの仕様設計や金額の交渉など、社内SEとしての立場にてお客様をサポートいたします。
新規に1000万を超えるような規模のシステム導入をご検討されているが、社内にシステム担当者が居ない会社様向けのサービスです。

料金プラン3の導入フロー例

現状課題のヒアリング

システムベンダーとの
窓口対応

システム設計作業の
サポート&アドバイス

テスト稼働から本番稼働まで
社内SEとしてのサポート

システム導入が完了後はご契約終了、もしくはプラン1へ移行など、ご相談に柔軟に応じます。

※料金についてはご契約の内容や条件によって対応可能な場合もございます。ご遠慮なくご相談ください。

以下のような場合もご相談に応じます。お客様のご都合にできるだけ柔軟に対応できるよう努力いたします。

・先ずは1~2カ月ほどお試ししたい。

・繁忙時期には契約を一時ストップさせて閑散期になったらまた再開したい

・システム完成後は保守契約に切り替えたい、等々。

なぜ月額定額費用でのシステム導入がお勧めなのか?

毎月定額の費用を使ってシステムの改善を継続していくため、
システムに対する不満足度をすぐに下げる事ができます。
これを継続することで、「本当に現場で使えるシステム」に近づいていきます。

代表からのご挨拶

身の丈に合った規模感とコスト感で最大限の改善効果」を狙います!

「ピークコンサルティンググループ北陸」代表の信国 均(のぶくに ひとし)です。
安心してお気軽に相談できるパートナーを目指して、日々奮闘中です。
中小企業のITシステム(特に製造業)でお困りごとがある方は、ぜひ一度ご相談ください。
会社の身の丈に合った規模感とコスト感で最大限の改善効果を狙う、のが私のミッションです。

ピークコンサルティング
グループ北陸はどんな業者?

大阪市にあるピークコンサルティンググループ株式会社から「のれん分け」頂き、2018年に福井県にて創業しております。

本家のホームページ

製造業向けに生産管理システムの導入支援を得意としております。

代表はどんな経歴の人?

システム開発会社にてプログラマー(4年間)

製造業(100人規模)の社内SE(15年間)

社内SEという立場上、ユーザー側での設計や運用、業務改善の経験が長いです。基幹システムの導入を中心に生産管理に詳しくなりました。
インターネット販売事業の立ち上げもやりましたし、海外工場の社内システム立ち上げもやりました。
海外でのお仕事は今でも大好物です。

ごめんなさい

「ITカイゼン」ができること、できないこと

当社は中小の製造業向けITシステム導入に特化した事業者です。
下記の「ごめんなさい」は町工場でもITカイゼン活動を
実施していただけるようにするため考えに考え抜いた結果です。
ご理解をいただける会社様にしかサービスの提供ができませんが、
何卒ご了承いただければ幸いです。

案件ごとのお見積りの作成はできません

ITカイゼンはPDCAの連続です。数回お打合せしただけではすべての仕様が決定できたりしません。
また導入前、導入後に関わらず、必ずお客様の事情で仕様の変更が発生します。
このため、それを見込んだ見積もりを作成するとどうしても割高にならざるをえません。
高額になってしまってはそもそも中小企業が手が出にしくい…。
こういった事情により、大変恐縮ですが月額固定費用でのご契約のみとさせていただいております。

プログラム開発はできません

「複雑なプログラミングを必要としない」高速開発ツールを基本としてシステム構築を行います。
プログラム開発までお受けしたシステム開発を行うとと柔軟な仕様変更や機能追加にご対応できなくなってしまいます。実際に使用するシステム開発ツールはお客様とのご相談により柔軟に対応いたします。

システムの設計仕様書の作成はいたしません

正しくは、ご希望があればシステム完成後に仕様書の作成、をいたします。

このような流れで進めていくため、事前に仕様書作成してもシステム完成後には内容が別物になってしいます。仕様書を細かく作成していく時間を費やす代わりに、まずはプロトタイプのシステムを作成し実際に使ってみる、この流れが中小企業のITカイゼンには重要と考えます。

まずはお問い合わせを!